• kyotoplan

不動産の売買の「確かに」な話

皆様こんにちは。

「喜」を結果でお届けする不動産会社、京都プランです。


今日は「確かに!」と思う話について記事にしてみます。


また、これは不動産会社の存在意義にも繋がります。


身近なところで分かりやすいのは

「メルカリ」なんかが分かりやすいですかね。


そもそも買い物というのは


売る人は「高く」 買う人は「安く」

というのが当然の心理。(確かに!!)


不動産屋はそれが高いのか安いのか説明が出来ないといけません。


不動産の値段ってどうやって決まっていくの?という話にも繋がりますが、

この話はまた今度です。


私たちの業務の中で「仲介」という仕事があります。


そもそも論として、私たちの多くは「宅地建物取引士」という国家資格を持つ

不動産の法律専門家が業務を行います。


その業務とは法律の元、公正で安全な不動産取引を管理し、これを行う事。であります。


それとは別に、

「高く売りたい人」と「安く買いたい人」のマッチングをいかに成立させるか、

という能力が重要になります。


これって実は非常に難易度が高いことなんです。


今はインターネットが普及し、誰でも簡単に「販売情報」を目で見ることが出来ます。


売りたい人は近隣の「最高値情報」をあてにしがちで

買いたい人は近隣の「最安値情報」をあてにしがちです。

(確かに!!)


この双方のマッチングというのが我々の業務の一つです。


その不動産がなぜその値段なのかは、おそらくプロにしか分からないでしょう。


単純に値段だけを見て「高い」「安い」と判断できるはずがありません。


・そういった知識を豊富に兼ね備えている事。


・相手が理解できるように説明できること。


これらは不動産屋に求められる重要スキルです。


知ってるだけではダメ、伝えるのがうまいだけでもダメ、資格を持ってるだけでもダメ


100円の物でも、伝える人・伝え方が変われば高くも安くも感じさせることが出来ます。


これは100万円でも1000万円でも1億円でも同じことが言えます。


しかし話を辿ると


「高く売りたい人」と「安く買いたい人」が売買をしようとしているのが不動産の世界ですから、

良い取引を目指すのに最重要なのは、良い不動産屋さんを雇う事です。


この「良い」の定義は私の記事も参考に考えてみてください。


まずは物件への計画以前に、頼れる不動産屋探しから始めてみるのが良いと思います。


こうしてお客様に満足を届けられる自信があるからこそ、私たちには「仲介手数料」という報酬が発生するのです。



不動産の事知りたい方はお気軽にお問い合わせくださいね。

「何を聞けばいいのか分からない」のが当然なので、まずはそこから私たちとはじめましょう。



では、暑い日が続きますが万全の体調管理の上素敵な日々をお過ごしくださいませ。





京都プラン株式会社




閲覧数:50回0件のコメント